東京ダンスヴィレッジ

東京ダンスヴィレッジは講師レベルが高い!

更新日:

東京ダンスヴィレッジの体験談

体験談
東京ダンスヴィレッジの体験レッスンに行ってきました。

「池袋駅0分」となっていますが、駅が広いため、改札から教室まで大体徒歩5分から10分くらいでしょうか。

受付で体験レッスンの申し込み書に記入し、自分の名前を書いて胸元にはるためのテープを受け取ります。

あとは更衣室で持ってきたレッスン着に着替え、指導を受けるスタジオで待機。

ちなみにレッスン着に関しては決まりはありません。上はタンクトップ、Tシャツでもいいし、下もレギンス、トレパンなど、動きやすければ何でもいいとのこと。

レッスンを受ける人数は6人です。全員が女性で、20代ばかり。レッスンの内容がベリーダンスなので、こういう年齢層になるのかもしれません。

まもなく先生が現れました。すごく美人なのに気さくな女性。なんとなくエキゾチックな雰囲気があるのは、やっぱりオリエンタルなダンスをずっと踊っていたせいでしょうか。

ベリーダンスについて歴史も含めて一通りの説明があった後、生徒の自己紹介。やはりほとんどが未経験者のようです。

準備運動をやったあと、いよいよレッスン開始。まず全員がヒップスカーフというものを腰に巻きます。これはスダレのようにたくさんのコインがつけられたスカーフのこと。腰をひねる度にこのコインが揺れてその動きが強調されるわけです。

ヒップスカーフをつけるといかにもベリーダンスをやるという雰囲気になるのが不思議。自然にテンションが上がります。

レッスンでは、基本の動きをひとつひとつやっていきます。

腰を動かすと、ヒップスカーフのコインがシャンシャンと鳴るのですが、それで動きの善し悪しが分かるようです。コインにはダンスの時の効果だけでなく、ちゃんと腰が動いているかチェックする働きもあるんですね。

最初は慣れないので「もう少しお腹をこうして!」と指導されましたが、その後は「みんなちゃんとできている」とのことで、指導はなし。でも、自分ではよく分かりません。

こうして細かく基本動作をおさらいしたあとは、音楽に合わせて全部を通して踊ってみます。

振り付け自体を覚えきれていないのですが、先生の動きを常に見ながら何とか踊ることができました。

そしてレッスンは終了。最後に先生のダンスをみんなで鑑賞します。すごくセクシーで表情もステキ。さすがにプロは違う、と実感しました。

その後はアンケート用紙とスケジュール表が配られ、先生がひとりひとりに「申し込まない?」と声をかけていました。この辺は体験レッスンのお決まりの手順で、こういう勧誘がイヤだという人も多いと思います。

でもこの東京ダンスヴィレッジの場合は人気があるせいかその勧誘もしつこくありません。不快になることもないので、これから体験レッスンをしたいという人も安心できると思います。

クラスの曜日や時間帯について

暇な時間帯
東京ダンスヴィレッジの場合、クラスはダンスの種類によって分かれていて、それぞれ曜日・時間が決まっています。開催は月3回。

つまり、「火曜日の第1週目、2週目、4週目、時間は10時半から」といった感じです。

ひとつのクラスにかかる時間は1時間15分ほど(着替えの時間は含めません)。

1番早いものは朝10時から、1番遅いものは21時半からになります。これなら仕事が終わったあとで行ける、という人が多いでしょう。

土日もクラスはありますが、日曜日の場合、基本月2回ということなので注意が必要です(土曜日も半分くらいは月2回のクラスが占めるようです)。

東京ダンスヴィレッジの口コミ情報

-東京ダンスヴィレッジ

Copyright© 東京ダンスヴィレッジの口コミガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.